2015年9月1日(火)はるばる鳴門まで自転車で行ってきたってばよ!

  • だってばよ!

  • (2015年10月27日(火) 午後5時13分7秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
秘境を抜け海を渡り鳴門へ!

謎の秘境を抜け海を渡り鳴門へ!

平城宮跡から自転車道へ入るってばよ!

一応自転車道があるんだけど、わかりにくかった。途中から自転車道を見失い、とにかく川をさかのぼり南へ! ろくに地図を見なかった割にちゃんと和歌山に入った。

奈良は一応サイクリングロードを推してるっぽいってばよ!

立派な看板があった。でも案内板が少なくてわかりにくい。

謎のかかし地帯だってばよ!

旧道を登っていると謎のかかし群が。これ夜だったら怖いだろうな。。。

紀ノ川だってばよ!

車の多い道を避けて登ったり下ったりしているうちに紀ノ川に出てきた。

雨が降ってきたってばよ!

とうとう雨が。。。

謎の生首村があったってばよ!

怖いよ!

坂道を下りきったところでこけたってばよ!

坂道を下りきったところに金属製の側溝のふたがあって、タイヤが見事にすべって転んだ。転ぶ方向によっては、車道に飛び出しかねなかった。危なかった。転んだとき、自転車のケーブルガイドクリップが二つどこかへ飛んでいってしまった。ライトを出して一つはみつけた。ところが、リアキャリアも荷物も、ほとんどズレ動いていなかった。このリアキャリアはかなりいいものです。

あとケガをしなかったのもよかった。これはレインウェアを着ていたおかげだと思う。雨がやんだからって脱がなくてよかった。もしレインウェアを着ていなかったらハデに膝を擦りむいていた。手をついたとき手のひらを数カ所擦りむく程度ですんだ。

ちなみに着ていたレインウェアは破れもせずまったくなんともなかった。内側で膝を少し擦りむいて多少血が出ていたのに、レインウェアのズボン((モンベル)mont-bell ピークシェル パンツ)は無傷。これもなかなかいいものです。

シューズカバーは安いやつを用意した。これは足に取り付けやすく、雨の中走っても十分に雨をはじいてくれた。シューズはほとんど濡れなかったし、つけたままでも多少は歩ける。

これで十分だった。

転んだ場所からの夕日。

予定していたフェリーには乗れそうもないので、宿泊先に日付を超えてから到着可能か、それとも和歌山で泊まった方がいいか、確認の電話を入れた。親切な方で、どうせ起きてるから待っているとのこと。も、申し訳ないってばよ!

必死で走ってギリギリ最終フェリーに間に合ったってばよ!

それからはもう車道を避けるのをやめ、ともかくまっすぐ西へ、必死で走った。たまにしか地図を確認しなかった割に、ちゃんとたどり着いてよかった。

未知の大地、徳島だってばよ!

はー、やっときた。まだちょっとあるけど。

鳴門では楽しくすごしたってばよ!

そんなこんなで鳴門では、たいへん楽しく過ごすことが出来た。みなさまありがとうございました。帰りは、親切な方に京都まで自転車ごと車に乗せていただいた。ありがたや。

ルート地図

奈良から和歌山港へ。計測点が多すぎて保存できなかったので、序盤を省略した。徳島港から鳴門まで。鳴門市街で一時真逆に走っているのがわかる(笑)。

Map.

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

このページのトップへ