2015年6月20日(土)ムジークプラッツ2015 in 春日野園地

  • 今年も奈良公園春日野園地で開催された沖縄音楽祭「沖縄のウタと芸能 夏至の宴(カーチー ヌ アシビー)」を見てきたよ。

  • (2015年9月22日(火) 午後8時12分52秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
お天気あやしい中開催。

今年もお天気があやしい中、たくさんの人が集まった。

去年の反省なのか、会場規制がガチガチに…

去年はじめての沖縄音楽祭開催で予想以上に客が詰めかけ、これは手に負えないとその道のプロに頼んだからなのか、去年の司会が川満しぇんしぇーで、進行がてーげーすぎたのを反省したのか、今年の会場規制はやりすぎなくらいガチガチでちょっと興ざめだった。もうちょっとゆるくてもいいんじゃないかなあ。

規制が強かったのは、HYとか元SPEEDの島袋寛子さんが出ると言うこともあったのかもしれない。でも正直、ああいうふつうに本土でも人気のある方は、無料イベントに呼ばなくてもいいんです(力強く)。だって必死こいたファンが最前列につめかけるでしょ。で、おめあてのアーティストの時だけ異様に盛り上がるっていう。全然よろしくないです。

有名な人を招くお金があるなら、沖縄や奄美の民謡コンテストで優勝した経験があるような、若く実力ある唄者を何人も呼ぶことを、強く強くおすすめします。あるいは関西在住で関西の沖縄民謡酒場などで活躍している人を呼ぶべき。そして生演奏を増やしてほしい。同じ沖縄舞踊でも、地方(じかた)がつくのとカラオケとでは大違いだと思う。

あと毎回若手を呼ぶと、「おお、この子は去年に比べてだいぶうまくなったねえ」とか言いながら、常連が成長を楽しむようになるのもいい。

沖縄音楽祭やるなら、生演奏の地方で舞踊・エイサーをはさみつつ、会場が暖まっていない序盤に若手唄者、後半ベテラン勢、という流れがテッパンであります。ぜひよろしくおねがいします。

晴れ間が覗くと真夏のような猛烈な日差し

晴れ間が覗くと真夏のような猛烈な日差し。

20日21日両日ともめっちゃ楽しかった

とか文句を言いながら、ひろびろとした奈良公園の芝生の上で聴く音楽は最高だった。ジョニー宜野湾さんが「俺にとってはウッドストックさ」とか言ってやたら感激してたけど、振り向けば青々とした若草山が見下ろしていて、ほんとに気持ちのいいロケーション。

二日目島袋寛子さんが登場した頃、とうとう土砂降りの雨になったけれど、雨の中のライブもまた楽しかった。島袋寛子さんの歌の途中で雨が上がり、虹が出た。ステージ上から島袋寛子さんが、若草山の方角を指差して「見て!虹!」とうれしそうに声を上げていた。

また来年もぜひここで沖縄音楽の日をやってほしい。

Map.

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

2015年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2015年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2015年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
このページのトップへ